白米が苦手です。

私が嫌いなのは、白米です。「美味しいお米を食べたことがないんじゃない?」と言われることもあるのですが、そういう理由ではないのです。実は昔からダメだったわけではなく、あるときから急にダメになりました。それはまだ実家に暮らしていたとき、祖母の自宅介護が始まったときです。祖母は最期まで健啖で何でも食べたのですが、母が気を利かせて白米は柔らかめに炊いていました。私にとってはおかゆともご飯ともつかないその柔らかめの白米が気持ち悪く感じられて、食べられなくなったのです。おこわや炊き込みご飯は大好きです。たらこやしらすを混ぜたものも美味しく食べられます。でも、味をつけていない白米は苦手です。不便なこともあるので克服したいのですが、なかなか難しいです。М字はげに効果のある育毛剤はこちら